笑ってはいけない!?

少年院から出てきた子と話しましたところ、
その少年院では「笑ってはいけない」というルールがあったそう。ふざけているように見えるからだと。

なんですと・・・・・。

笑顔でいること、人の笑顔に接することは計り知れない効用があり、更生・育て直し・情操に、傷ついた過去が癒えたり、自己否定から自己肯定に変わる一因になったり、今と未来が幸せな感じになったり、また、笑顔は想像力や思考力も育み、角度を変えて表現すれば脳内物質的にもとてもいいのに・・・。

法務省に笑顔学の早大・菅原徹先生が講演・研修に行って下さるような、そういうリンクをつなげる展開にならないかなと思います。

菅原先生はとっても素敵な笑顔の先生です、ゼミも毎年大人気だそうですよ。先生の「笑顔研究室」のサイトのリンクを貼りますのでご興味ある方どうぞ!
http://www.kanseismile.com/

ぜひ、司法分野に巻き込まれていただきたい先生です。

上記の運用は、全国運用なのでしょうか。どなたか知っている方がいたら教えて下さると嬉しいです。

少年は、少年院に行って、1年前に抱えていた、これまでの大変な過去によってできたネガティブな感情の塊たちをたくさん解放してきてくれたので、関わって下さったその少年院の先生方には大変感謝しておりますけれども。

冒頭の子には今週来週以降ちょくちょく会うので、さんざん笑顔にしてやろう(このために心理学んでるんだぜ)と目論む梅雨の午後。