お金と仕事

最近の自分のテーマは、【お金と仕事】。

ところで、今月で弁護士をはじめて8年目に突入してました。

純粋に雇われだった期間はないので、この7年間の食費・生活費・心理やコーチング等のセミナー代・諸分野の書籍代・ダンスレッスン代・音楽活動費・旅行費・友達との交友費、お祝いとかちょっとしたプレゼントとかのお代・女の子とのデート代など全ての出費はほぼ全てお客さんからいただいたお金で賄っていることになっていて。

そう思うと、過去・現在のクライアントの方全て、そして継続的に関わっていただいている顧問先様や継続コーチングのお客様、その方々とのご縁をつないで下さった方々や日々お世話になっている方への感謝に堪えない。自営業はこのへん実感しやすくていいですね。

仕事を通してお役立ちをして、お金を介して自分の生活や安心や喜びが得られて、自分がお金を使った先でも同じようにその人たちの生活や安心に喜びにつながっているとすると、

お金や仕事はそれを介して、お互いの人生や安心や喜びの循環をつくっているなあと。

としたら、面倒も苦労もあっても、今後も自分の能力や才能や学んできたことや努力や労力を、仕事やお金を介して自分や人の生活・安心・喜び・楽しさとその循環の流れに替えていったらいいなというのが冒頭のテーマの一つの結論かなと。

そして、仕事や学びや趣味を介して知り合ったたくさんの方や一緒に経験したことや時間、今後の展開への楽しみも含めて、お金以外の豊かさの諸要素にもちょっと感動する。