幸せに関するメモ

①安定して良く幸せな人は、幸せを感じる能力に長けている。

②言いかえれば、外的な状況をどうこうした後で幸せになろうとする傾向ではなく、今あるものに幸せを見つけて感謝する能力と傾向を持ち、習慣化している。で、これは、状況をよりよくしようとすることと矛盾しない(幸せな状態でかつ向上心やより良いコミュニティ作り・社会貢献の意思をもつことはむしろ自然である)。

③ついでに、現に幸せを感じている人の方がパフォーマンスも高く人とも良好な関係を築けることはポジティブ心理学系の研究により実証されている。

④そして、幸せを感じる能力は誰しも練習して伸ばすことができる。

みたいなことを最近色々な機会で言っています。

①はむか~しの彼女から言われたな~(昔は自分が不幸を外的状況のせいにしまくる性質でした)

優しくて繊細でいい子でした。

そんなことを言ってくれる子と一時期時間を共有させてもらったことに感謝と幸せを見つけたということで。

ありがとう。