自分を責めるのをやめて、好きなことをやるのをおすすめする理由

コーチングのお客様には特に、

「自分で自分を責めないこと」・「自分の”好き”を大切にすること、好きなことをやること」

を色んな方法と角度でおすすめしたり、深掘りしたり、後押ししたりしています。

なぜかというと、自分で自分の機嫌をとることがオススメだから。

機嫌が悪いときって、人に意地悪したくなったり、人に何かを譲れなかったり、意味なく頑固になったり、

カンジ悪くなる方向にいきますよね。

逆に機嫌がいいと、自分がまず楽しく心地いいし、自然と人に親切にしたくなるし、気持ち良く譲れるし、友好的で楽しく人と過ごせます。

なので、機嫌がいいと自分も幸せだし、人に好かれるし、人から親切にもしてもらいやすくなり、

そうすると、さらに楽しく心地良く過ごせて人や環境や自分に感謝も湧いてきて、ますます機嫌がよくなってさらに人に対して・・・、

って好循環が生まれ、自然といろいろ上手くいきます。自分の機嫌悪いのを放っておくともちろん逆の循環になりやすい。

なので、自分で自分の機嫌をとることがとても重要です。

基本的な方法は例えば、

自分で自分を責めてると機嫌いいわけないし、責めなくても改善できるし、ただただエネルギー落ちるのでやめた方がよくて、

代わりに自分を労うのがおすすめです。日々の自分に、または生きてきた年数分、がんばってきた自分を

【よくやってるよ】

って自分でよく労いまくる。

毎晩でもやっていると、ちょっとずつ、硬い部分があった自分が緩んで、優しく楽しくなっていくと思います。

で、さらに自分を大切にしたり、自分の好きを大切にしたり、好きなことをやる頻度を上げていったらさらに自分の機嫌がよくなっていきます。

あとは、好循環が自然発生してそれにのりやすく。

【自分の機嫌を人や環境に依存させなくなる】のは、一つの心理的自立だと思っています。

誰か次第・何か次第ではなく、自分で自分の機嫌をとることが身につくと、自分の自由度や幸福感も上がり、

「結果的に」素敵な人間関係や出来事たちにも恵まれまくるのでおすすめです。