ホリスティック医療・代替医療分野 助成金のご案内

理事をさせていただいている公益推進協会の運営する基金から、助成金のご案内をさせていただきます。

代替医療・ホリスティック医療分野での人の健康に関する公益的な事業の費用にご利用いただける助成金です。最大で1法人50万円の助成金が出ます。

今年の11月末まで応募受付ですが、まだ応募者の方が少ない状況とのことです。

是非お役立ていただきたいので、該当する方、ご応募下さい。また、必要とされている方をご存知でしたらお伝えいただけると嬉しいです。

微力ながら、病や不調が終わり、健康と喜びを享受される方がお一人でも増えますように。

(募集要項)
http://iva.jp/kosuikyo/HTM_youkou.pdf

(応募用紙等のあるサイト【公益推進協会HP】)
http://kosuikyo.com/2097

法律相談と本音

・妻に子どもを連れて出て行かれてしまった夫からのご相談。

「調停で親権を取りたいんです・・・。」

「親権を取ることを通して、実現したいものは何ですか?」

 いろいろ話を聴いていくと

「・・・(妻も含めて)家族とまた暮らしたい。」

としたら、調停で、自分の用意できる養育環境がより適切で相手のそれが不適切だと主張して争っていくのは、本当に行きたいところからは逆に向かう行動かもしれません。
・夫の愛人から慰謝料を取りたいという妻からのご相談。

いろいろお聴きし、

「この問題が理想的に解決したら、その次にしたいことは何ですか?」

じっくり聴いていくと、

「・・・夫としっかり話がしたいです。」

としたら、慰謝料裁判をして愛人女性とお互い傷つけあうことはパスしてもいいのかもしれないし、色んなけじめをつけるためにやってもいいのかもしれません。

--

行動や法的手続に進む前に、行きたい未来や大切にしたいものをじっくり確認する時間をとることはとても大切で、

実は望んでなかった道を歩かないため、本当に望む未来に行くために、自分が本当はどうしたいのか、

自分や周りや人生を大切にするため、ご自分に大事に問うていくのがいいと考えています。