紛争の根っこにあるもの

色んな種類の紛争や問題を法的・心理的の両方の観点から関わってきてますが、

あらゆる紛争の表面に出ている問題はあくまで表面で、

根っこにあるのは、「(母親から、父親から)自分は愛されてない、愛されてこなかった」と思ってること。

こう思ってるとその人の行動のほとんどが愛を勝ち取るための闘争、みたいになる。

紛争もそうだし、お金持ってる競争、成功競争、有名、人気競争、こんなに善いことしてるんだ競争、キラキラ競争w、SNSのいいね数競争、とかも闘争で、終わらないループ。

紛争もその一つの表現方法。非行に走るとか犯罪に走るとかも分かりやすくそう(愛されなかったことへの復讐、「愛されなかったから私はこんなにダメになってますよ、ほら後悔しろ、または気にしてくれ」・潜在意識的にですけどね)、ダメ異性ばっかり捕まえて不幸になり続けるとかも割とそう。

「自分は愛されてない」はたいがい「(母親から、父親から)愛されてない」という感覚なんだけど

これにはさらに奥があって、正確に言うと「(母親から、父親から)愛されなかったような自分を許せない、愛せない」

という感覚だと思う。

なので、お客さんには「自分を大切にしましょう、自分で自分を愛そう」という方向付けをおすすめすることが多いのですけど、

いきなり自分を大切にしよう、とか言っても大概すぐには難しいので、

まずは自分を労うこと。

「愛されてない」という想いを持ちながら、又はうすうす感じながらまあ長いこと我慢してがんばってきてるんですよ。

法律問題になるほど大きい形で出す人は、すっごく我慢してきたからこそ大きく出てる。

「長い間悲しみを我慢して、よくがんばってきたなあ。」

「もう我慢しなくていいよ」「泣いてもいいよ。」

とか、繰り返し、我慢してがんばってきた自分の部分を労う、悲しみに寄りそっていく。

悲しみを見ないようにして代償行為としての闘争と競争に走ると永遠に終わらないけど、悲しみにしっかり寄り添ってしっかりと感じていったらそのうち終わる。

悲しみは悪者じゃないですからね。
悲しみが終わったら代償行為としての愛の勝ち取り闘争ループが終えられて、好きなだけ休めたり、やりたいこと、好きなことやったり、好きな人との時間を楽しんだり、存分に、シンプルに、できる。

犯罪とかDVとかいじめとか不登校とか”問題行動”起こす人をガンガン責めるのは、泣いている幼児をひっぱたいてどこかに押し込めるようなもの。

解決するという観点から言ったら、根本解決はしないと思います。泣いている幼児いたら、「どうしたの?」と抱きしめたり、そういう方がよいでしょう?行為者に責任は取ってもらうとしても、ガンガンに責めても別に解決しない。

被害者を軽視しろとかそういう意味じゃなくて、被害者にも加害者にも寄り添える社会の方が優しい社会だなと思ってます。

自分の悲しみに寄り添う、人の悲しみに寄り添う。

潜在意識の奥の奥では皆自分で自分を愛しているから究極的には大丈夫なんだけど、

皆悲しみをもっているからこそ、悲しみをごまかすのではなく、もっと悲しみに寄り添える個人や社会になっていったら、いろんなことが大きく変わるだろうなと思います。

刑事裁判と生き直しのターニング・ポイント

怒りや寂しさなど、抱えた負の感情から自身も望まないが一定の思考や行動パターンを繰り返してしまう、その行動が犯罪行為にあたって何度も警察・裁判所・刑務所を訪れてしまう方々がいます。

刑罰や刑罰が控えているとの威嚇だけでは引き続きどうにもならないので、今回担当の被告人については、依存症回復施設・一般財団法人ワンネスグループ代表・精神保健福祉士の三宅 隆之さんと協同し、裁判等の後には回復施設に入居することとして、被告人の施設への適応や施設のプログラム、卒業者・回復者の実績等について三宅さんに専門家証人として法廷でお話しいただきました。

 創設された12年前から全国で700名以上もの方をサポートし、多くの方を依存症回復、前向きで希望のある人生に導いてこられたワンネスグループさんの存在により、行き場のない、孤立した、絶望した当事者やそのご家族の方がどれだけ救われたか、その方たちが回復されたことによって生じなかった新たな被害者・被害的立場の方がどれだけ守られたかを想うと、ここを創設・運営し・発展させてきた元当事者・矢澤さんの偉業は果てしないと再認識、尊敬と感謝(現在は代表職を後進に任され世界に羽ばたかれています)。

そして、現代表三宅さんをはじめとしてワンネスグループの方には自ら過去当事者だった、回復施設卒業者・回復者のスタッフさんが多数おられます。自らをコントロールしきれず問題行動を繰り返してしまう、その無力感・苦しみ・絶望・誰からもわかってもらえないという孤独感を体験・理解した元当事者・回復者の方がスタッフであられるからこそ、現当事者の気持ちや立場が分かり回復支援を実効的にされることによって当事者やご家族の方がどれだけ救われ、その方たちが回復されたことによって生じなかった新たな被害者・被害的立場の方がどれだけ守られたか、これからもますますそうなるかを想うとスタッフの方々への感謝と尊敬の念に堪えません。

その尋問を受けての被告人質問(尋問のようなもの)にて、その場でも自然とカウンセリングやコーチング的場面が出るのはもはや私の癖(へき)。裁判の場で心を開くというのはたしかに特殊な場面で課題はあるものの(ただし人は極限まで追い込まれると降参して心を開くしかなくなるという現象も起こる・底つき体験的)、場さえ整えば裁判の場は被告人にとってとても大切な生き直しの場、人生のターニングポイントとして大きな効果を持つ場になるといつも思うのです(再犯防止・被告人の更生は弁護人も検察官も裁判所も(場合によって被害者の方も)皆望んでいるところ)。

ワンネスの皆様方、どうぞよろしくお願い致します。

ワンネスグループさん http://oneness-g.com/
(なお、依存症や行動パターン改善についてご相談されたいことがある方はおつなぎしますのでよければご連絡下さい。お金のない方でも生活保護や法務省からの委託プログラムの活用によってご対応いただけるとのことです)。

そして、人はどうしたとしてもつながりの中で生きるのだな、と深々想う。

不倫トラブルと女性の戦い?

奥さん女性と愛人女性どちらの側からもご相談や依頼を受けることはありますが、

わりと多くの場合、はじめはどちらも相手の女性のひどさ、悪性、異常性について口にしながら感情的な波多めにお悩みを話されます。

そこでカウンセリングをしていくと、相手女性との関係よりは男性(夫または不倫相手)との関係や気持ちや出来事によって悲しみや怒りや傷つきを抱えていることの方が深めの中心なので、そちらの方に段々寄っていきます。

それが核心に迫ってきて、イメージ上のその男性(空席の椅子の上に彼が座っているイメージをしてもらう、場合によっては正座をして石を抱いてギザギザの上に座っている)の方を向いてもらったまま、

「何か最後にこの人に言いたいことありますか?」

と促すと、

「死ねばいいのに」

と言い放って、すると気持ちの波や感情の悩みがスッとスッキリし、急にその男性への興味自体がなくなります。

すると、後は現実的な後処理だけになり、一気に現実が進みます。

という同じ流れを何件も見ているのでわりとあるパターンかと。

それぞれの女性がひどく傷ついている様、急にドライに冷たくなる切り替わりを見るたびに、

私としては、

「うん、浮気や不倫はやめとこう」

と思います。

ご本人男性にも見せてやりたいところ(怖くて二度としない気もする、けど、手遅れ)。

重さを手放すことから・・

新しい離婚のご相談。

今回は法律相談2〜3割、心理セッション7〜8割のブレンド。

“問題”のある家族について、

“私がなんとかしなきゃ”
“私が我慢して調整しなきゃ”

の心と身体を重くする固まりを手放して

“私がやらなくていい”
“私が背負わなくていい”

と肩の荷を降ろし、その上で

“自分は本当はどうしたいか”

を見つけることで、望む未来に、より軽やかに元気に歩み出すことができる。

3/18 ワークショップ@慶應大学三田キャンパス

慶應大学三田キャンパスで3/18に開催される第2回shiawase2.0シンポジウム-みんなが幸せな世界を作ろう-にて、ワークショップを致します。

幸福学、ポジティブ心理学、マインドフルネス、コーチング、幸せな経営など、「幸せ」に関する様々な活動を行う約30人の専門家と1500人の参加者が一堂に会するというこのイベント。

私の方では、弁護士カウンセラーとして対立や不仲のご相談・交渉や裁判にかかわってきた経験も踏まえ、対立や悩みを平和、協同、幸せに変えていく見方や方法、在り方について参加型ワークショップの形でガイドさせていただきます。

ゆるく楽しく、みんなで幸せを作っていけるようなワークショップにしたいと思いますので、ぜひ遊びに来てください。
面白い発見たちと、その日から使える何かしらを持って帰っていただきたいと思います。

イベント全て、参加無料です。
——

弁護士カウンセラーが教える、対立・悩みを調和・ 協同・幸せに変える方法と在り方

松川邦之法律事務所
3/18(日)
12:00〜13:00

慶應義塾大学三田キャンパス 南校舎5階 456号室

家族や身近な人との対立・紛争・お悩み、どなたでも抱かれることだと思います。こういった悩みや問題の中に、実は自分や相手の本音そして、ご自分と家族が幸せであるための種が隠れています。当日は弁護士カウンセラー・メンタルコーチ・マインドフルネスNLPトレーナーであり、現実の紛争解決と心理の専門家として日々様々な方のお悩みのサポートを行っている講師から、対立や悩みを調和・協働・幸せの現実化に導く見方・動き方・在り方について参加型ワークショップの形でお伝えします。

愛情のすれ違いー離婚相談の50歩手前-

愛の表現の仕方は人それぞれ違います。

例えば、収入を安定・充実させて家族に一定水準の生活をさせるのが愛、愛の表現だと思ってる生きているお父さんと、一緒の時間をたくさん過ごしてお互いの気持ちや考えをできるだけ理解するのが愛の表現、愛であると思っているお母さんがいるみたいに(昭和世代あるある・まあ特に上の世代の男性は自覚なかったりするんですが)。

そして、自分の愛の表現だけを愛だと思って、それがないと愛されてないと思うのがすれ違いのはじまりになり。

上の例だと、お母さん「お父さんは仕事ばっかり優先して家族と過ごす時間をとってくれない、私たち(妻と子)は愛されてないんだわ」というのがよくある勘違い例。
上のはどっちも愛情からですよね。

なので、「自分がどういうときに愛されていると感じるか」(反対に、何をされるとどう感じて嫌であるとかも同じ)についてお互いに話をしておく、それをしてもらったときにちゃんと受け取って喜ぶ、ということをパートナー関係相談とかではおすすめしています。
「自分がどういうときに愛されていると感じるか」はそれぞれ独自の世界だから。大概は自分の親にしてもらったことやしてほしかったのにしてくれなかったことだったりするのが多いんだと思いますが。

なので、「~してくれないから愛がない」というのはわりと誤解であることが多いので、相手の行動が相手の世界なりの愛の表現をしているんじゃないか、又は自分の愛の表現が相手に「愛の表現」と伝わってそうかどうか、検討してみるのもいいかもしれません。

離婚相談や裁判にまでこじれる関係の10歩とか100歩手前には、わりとこういうことがあります。

で、「私は愛されてない(自分はこんなにやっているのに)」不満を蓄積して、そこではない、もっともらしい・批判者が批判されにくい・どこに出しても恥ずかしくない理由(例:子どものための~をしない、とか)で相手を責めだすので、本音と言っていること(表面上の問題)がずれて、こじれる、問題がねじれるのであります。

深いところのはじめの本音は意外と照れちゃうような可愛い気持ちだったりして。

夫婦でも親子でも家族外でも意外と愛情はたくさん出回っていて、それに気づける、感受性がある、受け取れる、自分から人に伝わるように渡せる、周りに広げられる人が、わりと分かりやすい幸せ者だと思います。

人助けのために9歳で起業、稼いだ数十億円で社会貢献する少女、ビビアン・ハーさん初来日イベントのご案内。

親子さん、お子さん、学生さん、若い方に特に来ていただきたいイベントです。

私も登壇させていただきます。

9歳でできることから巨額のお金を稼いで社会貢献しつづけ、
「私がやっているのはビジネスではなく”Giveness”なのよ」と言う彼女に会ってみたくて主催側のお手伝いで参加させていただいています。

大人1000円・高校生以下無料、未就学児連れの方もぜひ。無料託児のご用意もあります。

ビッグなゲストの方々に混じって一人様子のおかしい肩書のゲストスピーカーをしてますがそのへんは気にせず、ビビアンちゃんや日本の素敵なソーシャルリーダーの方々に会いに来て下さい^^♪、面白い時間とともにきっと楽しい未来のビジョンが見えてくることと思います。

ーーー
当時9歳だった彼女は両親が見せてくれたネパールの二人の男の子の児童奴隷の写真をみてショックを受け、奴隷解放のためのレモネード販売を開始しました。
少女の行動に心打たれた大人たちより、彼女のレモネードスタンドはツイッターで拡散されクラウドファウンディング形式で10万1,320ドルを調達します。さらに父親と共にレモネードを販売する「make a stand」を設立。売り上げの一部を奴隷解放問題に取り組む団体に寄付するSOCIAL GOODなビジネスモデルで大きく社会を変える動きを実践しています。

twitter社のニューヨーク証券取引書への新規株式公開(IPO)に際してベルを鳴らす大役に2億人のユーザーの中から選ばれるなど「一人の人間にどれだけのことができるのか」また、「社会的事業の持つ力強さ」などの象徴的な立場で現在も様々な活動に取り組んでいます。
変革は一人から始められる。
彼女は言います。「私がやっているのはビジネスではないの。”Giveness”なのよ」
とにかく行動し、小さくても変化を起こす。
目標があるのに行動できない人、「やりたいこと」があって一歩踏み出せない人、私たち大人が彼女から学べることはたくさんあるのではないでしょうか。

ーーーー

FUTURE LEADERS DESIGN LAB
2017年11月19日(日)
11:30開場 12:00開演 – 17:00時終演
※昼食は各自お済ませの上お越しください。
会場 東京:大手町サンケイホール
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2
http://www.s-plaza.com/access/
交通機関 各線「大手町駅」 丸の内線/半蔵門線/千代田線/東西線/都営三田線 A4・E1出口直結
JR 東京駅 丸の内北口より徒歩 7分

主催 Givness International

お子様連れ、未就学児参加OK。
大人1000円、高校生以下は無料です。
※託児スペース会場後方にあり。
託児所の予約:不要
利用料:無料
---

http://futureleaders.me/

ホリスティック医療・代替医療分野 助成金のご案内

理事をさせていただいている公益推進協会の運営する基金から、助成金のご案内をさせていただきます。

代替医療・ホリスティック医療分野での人の健康に関する公益的な事業の費用にご利用いただける助成金です。最大で1法人50万円の助成金が出ます。

今年の11月末まで応募受付ですが、まだ応募者の方が少ない状況とのことです。

是非お役立ていただきたいので、該当する方、ご応募下さい。また、必要とされている方をご存知でしたらお伝えいただけると嬉しいです。

微力ながら、病や不調が終わり、健康と喜びを享受される方がお一人でも増えますように。

(募集要項)
http://iva.jp/kosuikyo/HTM_youkou.pdf

(応募用紙等のあるサイト【公益推進協会HP】)
http://kosuikyo.com/2097

法律相談と本音

・妻に子どもを連れて出て行かれてしまった夫からのご相談。

「調停で親権を取りたいんです・・・。」

「親権を取ることを通して、実現したいものは何ですか?」

 いろいろ話を聴いていくと

「・・・(妻も含めて)家族とまた暮らしたい。」

としたら、調停で、自分の用意できる養育環境がより適切で相手のそれが不適切だと主張して争っていくのは、本当に行きたいところからは逆に向かう行動かもしれません。
・夫の愛人から慰謝料を取りたいという妻からのご相談。

いろいろお聴きし、

「この問題が理想的に解決したら、その次にしたいことは何ですか?」

じっくり聴いていくと、

「・・・夫としっかり話がしたいです。」

としたら、慰謝料裁判をして愛人女性とお互い傷つけあうことはパスしてもいいのかもしれないし、色んなけじめをつけるためにやってもいいのかもしれません。

--

行動や法的手続に進む前に、行きたい未来や大切にしたいものをじっくり確認する時間をとることはとても大切で、

実は望んでなかった道を歩かないため、本当に望む未来に行くために、自分が本当はどうしたいのか、

自分や周りや人生を大切にするため、ご自分に大事に問うていくのがいいと考えています。

肯定的に話を聴くコツと効果

悩み相談なんかを受けるときに、

カウンセリング的に聴く、肯定的に聴くというと、
その人の言うことに賛成しなきゃいけないとかそういうことではなく、

その人(話し手)が”今、あなたはそう思ってるんだね・そう考えているんだね・そういう状態なんだね”

という意味で

「そうなんだね」「そうなんですね」「うん」と聴きます。

言いかえると、

その人の内的・主観的世界や今の状態・今の認識が”そのようにあるんだ”、ということを肯定していることを態度や言葉で示します。
(聴き手が話し手から真摯な優しい関心をもってもらっていると感じられるように)

その人やその人の状態・気持ちが今・ここでそうである、というあるがままを尊重するということになります。

これを続けていくと、

・話し手から聴き手への信頼が構築されていく、

・話し手からだんだん心を開いていってもらえる、

・勝手に話し手の中で話や気持ちが整理されていく(聴き手が鏡のようになる効果、以下も同じ)、

・整理されていく中で勝手に問題が解決しちゃう、

・これまで表に出てこなかった意外な本音が不意に出てくる、

などの効果が期待できます。

そのときに聴き手が、話し手に対して

”この人は悩みを抱えた弱い無力な人、私が助けて救ってあげなきゃ”という風に思って(前提をもって)

聴くのではなく(これだと上から目線)、

”この人は今悩んでいるけど本来は、潜在的には自分で解決できる能力や心意気をもっている人で、自分は何かのきっかけになるくらいで本来的には大丈夫”という風に思って(前提をもって)聴く(これだと対等)、

ということも大切です。

友人関係や家族・職場なんかでも活かせますし、

アドバイスしてはいけないとかそういうことではなく、

この肯定的に聴くということとアドバイスや専門知識・技術の提供なんかを組み合わせて行うと、

士業や教育の方など、人と話してその人の人生をサポートをするような場合そもそもの専門知識・技術の提供のしやすさやその効果もより一層、場合によっては格段に上がると思います。